竹田繭香 ~墨幽玄の世界~ 墨と花 Sumi&Flower by Mayuka Takeda

水墨画と花の作品制作、四季折々のゆる〜い日記

作家を悩ます「欲しいです」問題

こんにちは、竹田繭香です☆彡

 

きょうは、我々作家仲間でいつも、あるある問題になる「『欲しいです』問題」について取り上げます。

わざわざ取り上げるのは、鬱憤晴らしではなく、他の作家様のためでもあり、啓発のためです。念のため。 

f:id:ateliercocon1211:20190310151926j:plain

作家がSNSで作品を投稿すると、お客様の中には、グループラインやFacebookのコメント欄に「これ欲しいです」 というコメントを多くの人が見ているところに書き込む方がいらっしゃいます。中には「これください」とまで書き込む方もいらっしゃいます。

これが作家にとって大問題なんです。

まったく買う気がないのにそういうコメントされるからです。

 

それについて、ある作家兼画廊オーナー様がひじょうに分かりやすい解説をしてくださっていますので、引用で以下に載せます。

 

たまに、いろんな作家さんの
ところで見かける問題コメント。
実際、私自身も、これまでなんどかは
ありました。それをされると、
作家さんはほんと困ります。...
その気もないのに・・ってことです。


それは作品をアップしたりすると、
「これほしいです」などといったコメントを
書き込むわけです。
で、こちらはメッセージなどで、「ご購入希望
ありがとうございます、などと連絡したり、
もしくは注文ありがとうございます、などと
返信したりすると・・
たんに「買いたいほど素敵という意味です」
みたいな答え。。
そう、結局、まったく買うつもりはないうえで、
そういうことをわざわざ、多くの人が見てるとこ
ろに書き込むわけです。。
で、それによって、他の人には「あぁ売れた」
誤解も招いたりします。ほんと、いい迷惑です、
作家は真面目に真摯に制作して発表してるのに、
たんに気を引きたいのか、よくわかりませんが、
無思慮に軽々しく、そういうことは書かないで
ほしいものです。


逆にメッセージなどで、「あなたのいまアップ
された作品に興味を持って惹かれいるのですが、
予算の都合もあり、買えないかもしれませんが、
この作品、ご参考までにお値段聞かせてもらえ
ないでしょうか、検討してみたいと思っています」
といった、とても丁寧なご連絡をくださる方も
なかにはいます。。
(人によっても、大きく違うものですね。。)

ほんとに作品を評価してくださる場合は、
そんな風に連絡をしてほしいものです。


もしも、そもそも買う気もなく、それで
ただ、
「欲しいです〜♡」とかと描き込んで、
じつは、たんにノリだけの軽いものだった場合は、
ほぼ確実に(口にはだされなくても)
その作家からの心証もかえって悪くなると思います。。

出典:https://www.facebook.com/kiyoshi.ohara/posts/2099976133427929

 

買う気もないのに、「欲しいです」→「うそぴょーん」みたいなことは、相手がどんなに未熟な作家であっても絶対に言ってはいけません。大変失礼です。

誉め言葉はたくさんあります。

「いいね」。これで十分です。

 

欲しいか、欲しくないかをわざわざ口に出して言わなくても良いのにな、と思います。

そして、「買いたいほど素敵」なら買えばいい(笑)。

買うつもりもないのに、相手に「欲しい」とか言うなんて野暮でしょう?
買いたいか、買いたくないかも言わなくていいから、買うときだけ「買います」って言ってくださればいいのに、と思います。

それが「大人の美学」ってもんでしょう。

ぜひお客様には、大人の美学を見せていただきたいと思います(笑)。

 

↓ 作家を悩ます「これ、どれくらい時間かかったんですか?」問題について

ateliercocon1211.hatenablog.com