竹田繭香 ~墨幽玄の世界~ 墨と花 Sumi&Flower by Mayuka Takeda

水墨画と花の作品制作、四季折々の日記

ひな祭り、そして王朝雅な世界

こんにちは、竹田繭香です(*^^*)

きょうの日中、東京はいつもより暖かかったですね。
早く寒い冬が明けて、暖かい春にならないかな~と思います。

 

節分が終わってひと月経ったら、もうひな祭りです。
おひな様もひな祭りの日には片付けるので、
(ひな祭りをすぎてあまり遅くまで飾っているとお嫁にいけないと言われているので)
節分すぎたら、すぐにお雛様を飾るわけです。

 

水墨画でも、こんな雅な姫を描いたりします。

f:id:ateliercocon1211:20190217224705j:plain

 

そして、お雛様。

f:id:ateliercocon1211:20190217224742j:plain


ひな壇飾りを出すと、場所をとるし、出すのも面倒だし、、、
という場合は、こんなおひな様のお軸を飾れば、出すのもしまうのも楽ちんです。
なにせ、お軸はクルクル巻いてしまえば「棒」ですから、場所をとりません。

 

これらは、どこの展覧会に出したわけでもない過去の作品なのですが、
今回ブログにアップするにあたり、色々写真を見て、思いました。

こういう王朝雅(みやび)な作品を、一つのシリーズとして描き続けていくのも良いかもしれないと。


幼少時から日本の文化が大好きだった私は、こういう時代物に憧れていました。
大学と大学院で国文科で古典文学を勉強したのも、その憧れからなのですが、
我が国の素晴らしい文学作品から、その場面場面を切り取って、
自分なりに咀嚼(そしゃく)して、イメージして、水墨画の作品に起こしていくのも、
きっと楽しいな、と思いました♡

次の作品展には、時代物を出すかもしれません☆彡

 

それではまた!

mayukatakeda.com