竹田繭香 ~墨幽玄の世界~ 墨と花 Sumi&Flower by Mayuka Takeda

水墨画と花の作品制作、四季折々のゆる〜い日記

個展@京都

こんにちは、竹田繭香です(*^^*)

台風に会いに来るかのようなタイミングで京都入りしました。

ただ今、京都にて個展を開催中です。

f:id:ateliercocon1211:20190924233516j:image

入り口はこんな感じ。 


f:id:ateliercocon1211:20190924174915j:image

正面にはDMに採用した作品を展示。

さわやかな金魚のお軸も隣に。


f:id:ateliercocon1211:20190924174926j:image

入り口入ってすぐのところには、色紙フレームを展示。

春の桜と秋の紅葉は向かい合いように配置。

夏のカワセミと晩秋から冬にかけての菊を展示して、四季を感じていただけたらうれしいです。


f:id:ateliercocon1211:20190924174948j:image

全紙の「登龍門」と絹本に書いた「月韻」 。


f:id:ateliercocon1211:20190924175006j:image

全紙の「憩い」(虎作品)と「流宴」(鯉の作品)

 


f:id:ateliercocon1211:20190924175038j:image

アンティークのサイドボードには、水墨画&フラワーのコラボ作品と小作品を。


f:id:ateliercocon1211:20190924175046j:image

「朱鐘馗」

昔、中国では鶏の血で描いて魔除けにしていたらしいのですが、その名残で、魔除けのために朱色で描くことがあります。


f:id:ateliercocon1211:20190924175050j:image

サイドボード脇にはヨーロッパの風景画。

 

ちょうど大きな企画展が開催中で、お客様がこちらにも流れてきてくださって、初日から100人超えではなかろうかというくらいの来客数です。

たくさんの方に見ていただけて、とてもうれしいです。

ありがとうございます☆彡